姿勢改善のトレーニング

こんばんは。堺筋本町駅前にあるパーソナルジム ライトニングボディ 雷蔵です。

今日は姿勢改善のトレーニングについて書きたいと思います。

ご存知の方もおられると思いますが、これはプランクという体感トレーニングの種目です。ライトニングボディではこちらを姿勢改善のトレーニングとして指導しております。特に猫背で胸椎の後彎の強い方には、特にお勧めしております(もちろん、プランクができない方には四つ這いや、腹臥位でのエクササイズを先に指導いたします。)。
プランクを行う上で大事なことは、呼吸でお腹に腹圧がかかっているのはもちろんですが、肩甲帯で身体をしっかりと支えることです。
これができない方はこのような姿勢で、肩と僧帽筋上部で身体を支えてしまい、姿勢がより悪くなってしまいます。

もちろん、肩の痛みも出やすく、このような姿勢の方はプッシュアップやベンチプレスで肩を痛めやすいタイプです。
先ずは胸が丸くならないように胸椎を伸展します。この為には、脇の下にある前鋸筋という筋肉で身体を支えて、固定し、その後
菱形筋という筋肉を使い胸を張っていきます(決して腰はそらないでください)。この姿勢が腕立て伏せ(プッシュアップ)やベンチプレスの
フォームに繋がっていきます。また、プランクがしっかりできるようになれば、立った時に身体が楽に感じるかもしれません。それは、姿勢筋がしっかりと働き、あなたの身体をサポートできているからです。
プランクはいろいろな動作の基礎になる部分が多いエクササイズです。
フォームをしっかりマスターし、いろいろなトレーニングに繋げていきましょう。

只今、ライトニングボディでは30分無料カウンセリングを実施中です。
皆様のお越しをお待ちしております。

関連記事

  1. 呼吸の重要性について。

  2. 最近の腹筋!

  3. 新しいマシンを設置致しました。

  4. 視覚について。

  5. ニューアイテムを追加。

  6. 機能的なお尻の使い方。

PAGE TOP