呼吸の重要性について。

こんばんは。堺筋本町にある、パーソナルジム
ライトニングボディ 雷蔵です。
毎日、暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今日は人間が生きる上で欠かせない、呼吸について書きたいと思います。呼吸は横隔膜と言う筋肉が中心となり行われます。横隔膜は焼肉で言う、ハラミのことです。まぁ、そこは重要ではないですが、、、。
横隔膜は通常は息を吸う際に収縮し、空気を身体に引き込んでくれます。そして、横隔膜が弛緩すると、自然に息を吐くことができます。しかし、最近の傾向としては、横隔膜がしっかり使えず、呼吸補助筋である、首の周りの筋肉や、背中、腰の筋肉を使っての呼吸をされている方を多く見かけます。例えば、このような呼吸です。

96893ED3-E7B5-4D47-BDF4-E4AA6FB9A1D5

このように、首周りの筋肉で、肋骨を引き上げ、腰を反らして呼吸すると、もちろん肩の周りは強張り、肩凝りの原因になります。特に朝、起きて腰が痛い、張りがある方もこういう呼吸をされている場合が多いです。
呼吸は1日に約22000回行われます。トレーニングで言うと、肩はシュラッグ、腰はバックエクステンションを22000回行っているということです。
これを改善するには、呼吸を修正していく必要があります。正しい呼吸は体幹全体が丸く膨らむように、呼吸することです。言葉では分かりづらいので、画像を。

2CAA70CE-2CDD-49B1-A964-511B2F765E84

こちらは特に腹式呼吸を意識して行った画像です。
横隔膜が収縮して、上から下がり、骨盤底筋群が、それをしっかり平行に受け止めてくれているので、お腹の前も横も後ろも膨らんでいるのが分かると思います。
身体は円柱状になっているので、横隔膜と骨盤底筋群が、平行であれば、空気の圧力は四方に逃げるので腹圧がしっかりかかり、脊柱が安定します。これが骨盤が、ニュートラルの状態ということです。
常に胸式呼吸になっている方は、このような呼吸を意識して行いましょう。
実際の呼吸のエクササイズについてはまた、後日、書きたいと思います。

只今、パーソナルトレーニングジム ライトニングボディでは、30分無料カウンセリングを実施しております。お申込みはメールまたは、お電話でお願い致します。皆様のお越しをお待ちしております。

関連記事

  1. NEW MACHINE !

  2. ベンチプレスについて。

  3. ヒップアップについて vol.2 エクササイズ編

  4. 加圧トレーニングについて。

  5. 夏に向けて!

  6. ヒップアップについて Vol.1

PAGE TOP