背中のトレーニング前のプレエクササイズ

BD7F77E0-B79E-40A7-9BD6-A4545DF13C35

画像はその僧帽筋下部をアクティブにする為のエクササイズです。先ずはフルボトムでしゃがんでから肩を挙上し、下制し僧帽筋下部を効かせたまま、肩甲骨を後傾していきます。上げきったところでは、下制、内転、内旋が入りますが、肩甲骨の下あたりに効きがでていることと、エクササイズを終わった後に頸部の回旋がでていればOKです。フルボトムのしゃがみ込めない方は椅子に座り、股関節を屈曲した状態からおこないましょう。プレエクササイズを行うかどうかで効きは全く違いますよ。元々の硬さがある方は筋肉のリリースを行なってから
エクササイズをしましょう。

大阪市中央区本町にある堺筋本町駅17番出口より徒歩で10秒で通えるパーソナルトレーニングジム ライトニングボディでは、身体の歪みを評価し、機能的に調整を行いトレーニング効率を高め、お客様の目標に最短で到達できるよう、ご指導していきます。

大阪市中央区本町にある堺筋本町駅17番出口より10秒で通えるパーソナルトレーニングジム ライトニングボディでは、ただ今、30分無料カウンセリングを実施しております。お申込みをメールにて承っております。皆さまのお越しをお待ちしております。

 

1

2

関連記事

  1. 夏に向けて!

  2. トレーニング前に行うこと。

  3. 呼吸の重要性について。

  4. あなたはしゃがむことができますか?

  5. ベンチプレスについて。

  6. 冷え性について。

PAGE TOP